CrazyCircuit ~電子工作メモ帳~

くれいじぃな電子工作を妄想するぶろぐ。

スポンサーサイト

Posted by RS232C on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AVRでラジコンを制御する。

Posted by RS232C on   0 comments   0 trackback

ラジコン(radican premium mini GT-R)のコントローラを分解してボタンの接続端子をAVRのピンに接続して制御する。
元ネタは 「簡単-USBで電子制御」という本にラジコン制御のアイディアがあったのでAVRでやってみる事にした。
mini

それぞれの端子からワイヤーを出して電池ボックスないにAVRとUSB端子を取り付ける予定。
とりあえず動作テストで前進ボタンをLEDチカチカさせるプログラムのLEDの部分に接続してテストした。
LEDのチカチカタイミングにあわせて前進しました。

黒丸---GND
青丸---前進ボタン
赤丸---後退ボタン
黄丸---左ボタン
緑丸---右ボタン
ピンク丸---ターボボタン

後やることは
1、端子接続、外だし、6ピンあれば制御できるはず。
2、USB←→PC間AVR プログラム作成
3、PC上の操作ソフト作成
4、動作テスト

スポンサーサイト

電池1本で白色LEDを駆動。

Posted by RS232C on   0 comments   0 trackback

白色LEDだと3Vから5Vの電圧がないと光らないのですが、電池1本で電圧を引き上げられる昇圧回路を見つけたので試してみた。
参考HPをそのままブレッドボードに組んで動作させて見ました。
電池1本でちゃんと光って感動!
いろいろ応用できそうです。
発振して電圧を上げているそうなので、オシロスコープで波形も見てみたい。
テスタだと実効値になるのか元の電圧の値になっています。
(変動しているのでおそらくテスタのサンプリングした中の平均値)

参考HP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。