CrazyCircuit ~電子工作メモ帳~

くれいじぃな電子工作を妄想するぶろぐ。

スポンサーサイト

Posted by RS232C on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSO-2090 デジタルオシロスコープ修理

Posted by RS232C on   4 comments   0 trackback

1年前に買ったオシロスコープの調子がどうもおかしいので分解してみた。
(計測中に突然フリーズする。リレーが動くと動かない事が多い。)

どうせ保障もないのでヤケクソで接続不良っぽい半田部分を暖め、足りないところは盛って見た。
(故障のトップは半田の接触不良、コンデンサの劣化。オシロ修理記事があるHPより)
PICT0193.jpg
PICT0195.jpg
PICT0194.jpg
金属シールドケース内にリレーを発見。
リレーが切り替わるとおかしくなるのでこのへんがおかしいんじゃないかと重点的に半田盛り。
写真でわかるだろうか。
半田が汚い。
精密測定器なんだからもっと丁寧に作ってほしい。これが某アジア国の品質か。
鉄のシールドケースは指紋でべたべただった。w
ある部品は空中でほかの部品と芋半田合体。コンデンサは2階立てになってたり。w
試作品ですかっていう感じの作り。w
2万円だからしょうがないのか?中身は見られないから適当に作ってるのか?
ちょっと改善してほしい品質だった。

で修理の方はUSBのコネクタがぐらついてるので取り替えたら調子よくなりました。
何が悪かったのかわからないがとりあえず直った。

2009/11/25
また不安定になった。
ケースを開けて観察してみるとFPGAが発熱している。
ためしに放熱FINを付けてみるjと安定して動作した。
うーん。
どうやら真の原因は熱暴走だったみたい。
2cm×2cmの放熱FINを発注しましょう。orz

Comment

arapon says... "No title"
こここれはひどいですね(*_*)

まだまだ発展途上なのか・・・

買う気が完全に失せました!と でかく書きたい!w

大量生産から品質に気が付くのは・・・
数年後?かな
2009.11.20 23:40 | URL | #9L.cY0cg [edit]
RS232C says... "Re: No title"
1年たったから改善したと信じたいです。w
ソフトは良くできてるのでハードの残念さが際立ちます。
コストパフォーマンスは最高なんですが。。。
2009.11.21 03:32 | URL | #- [edit]
says... "No title"
おばちゃんが人海戦術で作ってるんじゃないですか。
国内の実装業者なら、手ハンダでも
きれいに付けますよ。
私も試作時間が足りなくなると時々依頼してます。

大量生産でも品質良いとは限りませんよ。
少し前に、国内の携帯用レンズアセンブリ会社が海外で
生産した現物の検査工程ライン製作を請け負ったことが
ありましたが、半数近くがはねられました。
で、それを人海戦術で直してもう一度検査してました、、それでも人件費が安いから良いらしい。

2009.11.21 10:18 | URL | #- [edit]
RS232C says... "Re: No title"
表面実装部品などチップ部品はロボットが付けるのかと思ってました。
同じおねーさんが作り続ければ半田が上手になるかもしれませんよ。w
必殺「空中芋半田」はコスト、技術がいるので基板もバージョンアップしてるはず。w
2009.11.21 13:14 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://crazycircuit.blog36.fc2.com/tb.php/80-a97e48c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。