CrazyCircuit ~電子工作メモ帳~

くれいじぃな電子工作を妄想するぶろぐ。

スポンサーサイト

Posted by RS232C on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超伝導(超電導)体をつくったよ。

Posted by RS232C on   0 comments   0 trackback

DSC00095.jpg

実験で第二種超伝導体(酸化物)を作りました。
123超伝導体(YBa2Cu3O7)で材料を1:2:3で混ぜ合わせ焼くと超伝導体になるというものです。
超電導だと思っていたら”電”は日本で勝手につけたらしく、”伝”が正しいようです。
(英語だと"super conducter"=超+伝導です。)
難しい事はわかりませんが、取り合えず液体窒素で冷やしたら浮いたので超伝導体なのでしょう。w
(お決まりのマイスナー効果とピン止め効果を確認した。)

もっとでっかい超伝導体を作って磁石の座布団に乗って自分が浮いてみたい。w
手軽に液体窒素が手に入ればやる気がでるんだけどな~。
臨界磁場Hcと臨界温度Tcがあってそれ以下でないと超伝導状態が終わってしまう。
大電流を流していて超伝導状態がキャンセルされると超伝導体の抵抗が大きくなり発熱→液体窒素が加熱(気化すると700倍)→小爆発(液体窒素を密閉してる場合)するそうです。
扱うのは敷居が高いな。常温核融合を自宅で研究してる人よりは安全かもしれませんが。
高い温度(Tc)の超伝導体が見つかると世界が変わって一気にエコな世界になります。
夢があるな、21世紀っぽい。w
ノーベル賞に一番近いのは超伝導じゃないか!?w
みんな今すぐ自宅に実験室を作るんだ!w
自宅で核融合よりは実現性があるし敷居は引くいはず。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://crazycircuit.blog36.fc2.com/tb.php/85-9f3896f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。