CrazyCircuit ~電子工作メモ帳~

くれいじぃな電子工作を妄想するぶろぐ。

スポンサーサイト

Posted by RS232C on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USBtoRS232C変換ケーブルの罠。

Posted by RS232C on   0 comments   0 trackback

RS232Cで書き込むAVRライターを自作したが、動作が不安定で遅く原因がわからずいじくりまわしていたが、ついに原因が判明。
秋月電子で売っていたUSB→RS232C変換ケーブルが悪かった。終了

DELL SC430 を地デジ録画用サーバにしているが今はubuntu8.04を常用していたので忘れていたが一応サーバなので232がついていたのを思い出した。
でこのサーバをwindows2000で起動しなおしてCOM1で接続して自作ライターに変換なしで書き込みしたら一発で書き込みできた。しかも数秒。早い。今までTryAndErrorを繰り返していたときは5分は待っていたのに。orz
(I/Oドライバ(giveio.sys)が必要になります。)

普通の人ははまらないであろう落とし穴にずっぽり入ってた。
勉強になりました。

書き込み成功したATMEL atmega88はUSBASPのhexを書き込んだが、組んだハードでUSBにさしても不明なデバイスといわれてドライバインストール画面にならない。
もう一つ罠がありそう。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://crazycircuit.blog36.fc2.com/tb.php/9-df99de50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。